【栗原勇一郎】両親や親族も支配か?!父親は空港関係者!DV依存症男はこうして出来上がった!

Pocket

小学校4年生の栗原心愛さんが父親である栗原勇一郎容疑者からの暴行によって亡くなった事件。

栗原勇一郎容疑者の異常な人格が明らかになるにつれ、栗原勇一郎容疑者の両親親族、どのような環境で育ったのかなどが気になりますよね。

栗原勇一郎容疑者は両親親族も支配していた?!

栗原勇一郎容疑者の父親の職業が判明!

栗原勇一郎容疑者の育った環境とは?

◎関連記事はこちら↓

栗原勇一郎の生い立ちが判明!学生時代からいじめに加担!娘に対する異常な執着の心理とは?

その辺りについて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

栗原勇一郎は両親や親族も支配か?!

栗原勇一郎容疑者と妻なぎさ容疑者による、壮絶な虐待により心愛さんという命が犠牲になってしまった今回の事件。

これだけ、大きな事件にもかかわらず栗原勇一郎容疑者自身の両親や親族については全くと言っていい程詳しい情報が報道されてきていません。

それがいったいなぜなのかはわかりませんが、

これまでの報道で見えてきた情報も少しありますので、詳しくまとめてみたいと思います。

心愛さんが一時保護の後預けられたのは栗原容疑者の両親?!

2017年11月、学校に対して、“父親からの暴力”を訴えた心愛さん。
これをキッカケに、児童相談所は心愛さんを一時保護。その後、一時保護は解除され、親族宅に預けられることになった。

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00420870HDK

「いじめアンケート」に父親からの暴力について訴えたことにより、柏児童相談所に一時保護されることになった心愛さん。

「親族宅」に預けられることを条件に一時保護が解除されたことが伝えられていますが、

この「親族宅」は栗原勇一郎容疑者の両親宅だったと推測されます。

理由としては、学生時代の同級生を名乗る方からのネット上での書き込みの中に

栗原勇一郎の実家は野田市内の一軒家に住んでいる事が伝えられているからです。

栗原勇一郎容疑者の生い立ちに関してはこちらの記事で詳細をご覧ください↓

小学校4年生の栗原心愛さんが父親である栗原勇一郎容疑者からの暴行によって亡くなった事件。 栗原勇一郎容疑者の生い立ちとはどのようなもの...

他にも「野田市内もしくはその近隣の町村」に栗原家の親族がいる可能性もありますが、まず第一優先で児相が相談するのは、心愛さんの祖父母にあたる栗原勇一郎容疑者の両親ではないでしょうか?

野田市児童相談所のずさんな対応に関する詳細はこちらの記事で書いています↓

父親である栗原勇一郎容疑者からの暴行によって娘の心愛さんが亡くなった事件。 心愛さんの本心を隠蔽!? 昨年心愛さんを一時保護した...

…ただこの児相の判断も正しかったとは言えないようです。

栗原勇一郎容疑者の両親も息子の言いなりだった?!

お昼の情報番組に出演された、児童相談所に19年の勤務経験がある心理カウンセラーの山脇由貴子さんによると、

父方親族宅に帰すというのは、私はあり得ないと思います。
だって、父親がこうやって家に入ってきてるわけじゃないですか。父親の影響がかなりあるわけですよね。
「親族が面倒見るのが難しくなってきた」という理由がありますけど、だったら施設に入れればいいんですよ、別に家に帰さなくたって…

引用元:https://www.fnn.jp/posts/00421430HDK

栗原勇一郎容疑者の両親は、心愛さんからすれば実の祖父母に当たるわけです。

その孫が児相に一時保護された…

普通であれば、児相から経緯をちゃんと説明されているでしょうし、自分の息子が孫に何をしたのかは理解していたはずです。

親であれば、「大事な孫になんてことをしてるんだ!お前はおかしい!!」と叱責して息子を正そうとするはずではないでしょうか?

しかし、孫から息子を引き離すどころか、勇一郎容疑者が家に入る事を容認している他、その家で、まさに面談に来た児相職員に「恫喝」して娘を返すように迫る息子の姿を間近で見ていても、心愛さんを家に帰すことを認めてしまっているわけです。

ここから、すでに栗原勇一郎容疑者の両親も息子の凶暴な人格を既に知っていた。

そして、息子が孫にさらに危害を与える可能性に気付いていても「何も言えなかった」可能性が高いのではないかと想像出来ます。

スポンサーリンク

栗原勇一郎容疑者の父親の職業とは?

これまであまり詳しく明かされていなかった栗原勇一郎容疑者の両親に関する情報ですが、父親の職業に関しての情報を見つけました。

友人らによると、勇一郎容疑者は2011年、那覇空港の店で働いていた。父親と同じ空港関係の仕事にあこがれていたという。

引用元:https://digital.asahi.com

栗原勇一郎容疑者の父親は「空港関係」の仕事だったことが分かりました。

「空港関係」という言葉から推察できる職業と言えば…

・パイロット

・航空管制官

・航空整備士

・ディスパッチャー…航空機の運航管理を行う仕事

・入国検査官

・空港警備員  など

このような仕事が考えられますね。

いずれにしても、割とお堅い、しっかりとした職業についていたのではないでしょうか。

栗原勇一郎容疑者の育った環境とは?!

栗原勇一郎容疑者の父親の職業が「空港関係」だったという事がわかりました。

ここで少し気になるのが、前述の栗原勇一郎容疑者の友人の話にある父親の職業に「あこがれていた」という点です。

栗原容疑者自身もその憧れを現実のものとすべく、まだ沖縄に住んでいた2011年に那覇空港で働いていたことが伝えられています。

私個人的な意見としては、子供が父親の職業に憧れる…って、「父親自身を好きで尊敬」していないとそう思うようにはならないかな…と思うんですよね。

父親自身を嫌いであれば、その職業に興味を持つことさえないかな…と。

なので、恐らくは栗原勇一郎容疑者は父親に尊敬の念を持っていたのではないでしょうか?

栗原勇一郎は暴力が当たり前の環境で育った?!

今回の事件…

児相に保護されたり、自分の親戚に預けられた心愛さんを必死に取り戻そうとするなど、栗原勇一郎容疑者の心愛さんに対する「異常な執着心」が垣間見えます。

DVに詳しい専門家によれば、

このような人を「DV依存症」と言い、「暴行すること自体にすでに依存しているので、暴行する相手が近くにいないと困る」…なので、必死に取り返そうとする。

のだそうです。。

…精神状態が崩壊してますよね。

※2/9追記

捜査関係者によると、心愛さんが虐待される様子の動画データは父親の勇一郎容疑者(41)が所有していた記録媒体に保存されていた。

県警が確認したところ、1月にスマートフォンで撮影された可能性が高いことがわかった。心愛さんが勇一郎容疑者とみられる人物から暴行を受ける様子や、ぐったりしている姿などが映っていたという。

県警は勇一郎容疑者か母親のなぎさ容疑者(31)が撮影したとみており、映像の解析などを進めている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000009-asahi-soci

心愛さんへの虐待を撮影、保存。。。

まさに「DV依存」ですよ。その動画を何のために保存したのでしょうか…

ここまで来ると、もはや人間とは思えません。。

スポンサーリンク

栗原勇一郎容疑者が「DV依存症男」になったワケとは?!

DVは一種の依存症で、自分が傷つくのを恐れるあまり、相手を服従させようと暴力にはしる。

幼少期に暴力的な光景を見て過ごすと、暴力=達成感に変換され、おとなになっても止められないひとになってしまうのだ。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/9971780/

幼いときから暴力を当たり前に見聞きすることにより、「悪い事」だという意識が薄れ、

自分も乱暴をすれば相手を思い通りに出来るかも⇒「出来た!」という達成感に繋がるとの事。

…完全に想像ではありますが…

もしかすると栗原勇一郎容疑者にとって「憧れの存在だった父親」が日常的に何らかの形で暴力を振るっており、それを見ていた栗原勇一郎容疑者はそれを正しい行いだと認識。

むしろ、父親を怒らせる周りが悪いのだ…自分を怒らせる周りが悪いのだ…と考えるようになったのかもしれません。

実際に、栗原勇一郎容疑者は学生時代から女の子や実の妹を虐めていた事が伝わっています。

詳しくはこちらの記事に書いています↓

小学校4年生の栗原心愛さんが父親である栗原勇一郎容疑者からの暴行によって亡くなった事件。 栗原勇一郎容疑者の生い立ちとはどのようなもの...

幼いころから虐めに加わり、暴力を「悪」と認識することなく育った栗原勇一郎容疑者。

やがてそのDV依存によって、なぎさ容疑者や心愛さんだけではなく、実の両親や親族までも支配するようになっていったのかもしれません。。。

まとめ

今回は栗原勇一郎容疑者の両親や父親の仕事、栗原勇一郎容疑者の育った環境について個人的な見解を含め掘り下げてみました。

心愛さんに対するあまりにも残酷な所業がどんどん明らかになる今回の事件。

栗原勇一郎容疑者がどんな環境で育ったにしろ絶対に許されることはありません。。

◎関連記事はこちら↓

【栗原なぎさ】沖縄時代に離婚~再婚!夫との共依存関係で虐待の加害者に!!

栗原勇一郎の勤務先の会社は沖縄観光紹介所の職員!事件当日は仕事を休み暴行か!?

この冷徹なDV依存男に対して司法がどのような裁きを下すのか、これからますます注目されていくことでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。