産後の子育てはどうなるの? あなたの不安を解決!

Pocket

はじめての出産は入院準備や、

産後に必要な物を買ったりしてわくわくする楽しいことも託さなんありますが、

その反面分からないこともたくさんあって、本当に不安になりますよね。

私は不安過ぎて

母親や友人に話を聞く、

出産に関する本やインターネットで情報を集めることを

毎日ひたすらしてました(笑)

でも出産という大きなイベントばかりに気を取られてしまいがちですが、

産後の生活についてのイメージができている人って意外に少ないと思います。

・実家に帰る予定で、すべて実母にまかせるつもり。

・実家から帰ってくる頃には、身体も回復しているから心配ない。

何となく忙しくなって大変だろうけど、どうにかなるのではないか

と、なんとな~く思っているかもしれません。

私も同じで産後は実家に1カ月帰る予定だったので、

今考えると産後自分の家に帰ってからの生活については

あまり具体的にイメージできていませんでした。

実家に帰ると実母に頼れるので、赤ちゃんの世話に専念できます。

しかし実は問題は自分の家に帰ってからで、

そこからあんなに壮絶(!)な生活が始まるとは考えてもいませんでした。

また実家が遠方だとか、

実母の協力が得られないなどの理由で

産後実家に帰らずに赤ちゃんとの生活がすぐ始まるママもいます。

出産準備も大事ですが、産後の生活についても

しっかりイメージトレーニングして

出来るだけ不安を解決していきましょう!

産後の子育ては一番大変な時期

出産前の大きなお腹を抱えている妊婦時代は、

振り返ってみると一番楽な時期だったと思います。

もちろん大きなお腹が邪魔で動きにくいとか、日々の赤ちゃんの成長などの心配は

ありましたけどね。

出産した友達からは

できることなら妊婦時代に戻りたい!

なんて声をよく聞いたし、

産後には私も思いました。

産後の子育ては一番大変な時期だと思ってください。

自分の身体が万全ではないし、

一日中赤ちゃんから目が離せなくなります。

赤ちゃんは時間の感覚がないので、生活のリズムがそれはもうバラバラなのです!

いつ起きて

いつ眠って

いつおっぱいを欲しがって

いつおむつを汚して…

少し先の予測が全然できなくて、ママの休む暇がないのです。

赤ちゃんが眠っている時に一緒に休んでも、

一日何度も起きて寝ることを繰り返すと

ママの生活リズムは狂い、疲れが取れなくなってしまうのです。

赤ちゃんは起きている時は

たいてい泣いてるし、泣きやむまで手を離せない…ってことを繰り返します。

その上徐々に家事もする必要があるので、

赤ちゃんの世話の合間も

休んでいる場合ではなくなってしまうのです。

子育てのイライラが赤ちゃんに向かわないために

不規則な生活で寝る時間も削られると、

身体がだるくなり慢性的な疲労状態になります。

心も不安定になり、ストレスがたまるとイライラしてきますよね。

なんで疲れているのに休めないの?

なんで自分ばかり大変な思いをしなければいけないの?

なんで泣き病んでくれないの?…

そのイライラがもしかするとだんだんとあなたの赤ちゃんへ向かって行くかもしれません。

赤ちゃんや子どもは、

ママの表情や行動を以外によく見ていますから

ママのイライラにすぐに気づきます。

そうすると赤ちゃんは不安になるので、さらに泣き止まない…という負の連鎖になってしまうんです。

私もこの時期疲れMAXでよくイライラしていたので、

地獄の悪循環でした。

今思えばもっと余裕を持てていたらなぁと後悔することがあります。

その時は

赤ちゃんとの生活のパターンが上手く習慣化できなかったことや、

家事との両立が上手くいかずいらだっていることが多かったように思います。

でも実は家事やなどは

毎日しなくても別に何も害はないですし、

工夫次第で負担はどんどん減らすことができます。

イライラを少しでも減らせるように、何かできることはないか見直してみましょう。

産後の家事を手抜きする方法

毎日する家事の中で、赤ちゃんのお世話と両立できる方法をいくつか提案してみます。

~料理編~

料理の手抜きと言えば、

外食や出来合いの総菜の利用などが思い浮かびやすいでしょう。

しかし母乳であれば、ママの食事にも気を使う必要があります。

またママの体調を整えることも大事なので、できるだけ十分な栄養を摂る必要があります。

基本は手作りですが、毎日だと面倒だと感じると思いますので

私からのオススメ方法は

妊婦時代から少しずつ冷凍保存や保存食のストックをしましょう。

ストックと言っても

おかずでも、

野菜をゆでるだけとか

肉や魚の下味を付けるというような簡単なもので良いのです。

ストックが1つあるだけでも、調理の手間が省け気持ちに余裕ができます。

~掃除編~

ホコリで死ぬことはないので、ズバリ毎日する必要はありません

その場所に行った時、そこを使った時に数分キレイにする心がけで十分です。

なお洗濯に関しては

赤ちゃんの衣類やタオル類が増えますので、

部屋の掃除に手を抜く分、赤ちゃんの周りだけでも清潔な物で囲む

という感じで良いでしょう。

~買い物編~

宅配を利用する、

一週間の買い溜めをするというようにできるだけ

外出の回数を減らすことで対処できます。

産後は育児>家事という比重を意識してください。

家事の手を抜く分ママの身体を休め、

何よりも可愛い赤ちゃんとの触れ合いを最優先するべきです。

赤ちゃんの状態の予測は慣れるまでむずかしいですが、

家事は少し先の自分に楽をさせてあげるという気持ちで取り組むことが大切です。

全てを完璧にする必要なんて全然ないので、

ゆっくりと楽しみながら

育児と家事をこなしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。