新婚時代がカギ⁉ 家事の分担どうすればいい?

Pocket

主婦の皆様、

毎日の家事、お疲れさまです。

仕事をされている方なら、その両立でさらに大変な思いをしていることでしょう。

家庭を持つと、独身の時のように自由気ままというわけにはいかないものです。

家事の量も倍に増えますしね。

一人で家事をこなさなきゃ!

自分しかできないのだから仕方なくやっている。

家事が苦手だけど、これは自分の役目だから…。

などとあきらめて、一人で全部背負いこんでいませんか?

はっきり言ってそれは間違いです。

一緒に暮らしているのなら、全員が家事をする必要があるのです。

私は小さな子どもでもその役目があると思っています。

まずは家事があなただけの役目だという思い込みを捨ててしまいましょう!

その思い込みをなくさないかぎり、

家事が今よりもイヤになって、家族との関係も悪くなり…

とても後悔する事態になってしまう可能性だってあるかもしれません。

家事は生きている限りずっと続いていくものです。

今よりももっと、

今後も居心地の良い生活を手に入れるために家事のことを一緒に考えていきましょう!

家事の分担は共働き夫婦に必須

私の新婚時代を振り返るってみると、

はっきり言って大変でした。

結婚するまで一人暮らしだったので、

ひと通りの家事はしていましたがその時は正直適当にやってました。

洗濯物もたまれば洗う、部屋の汚れが目立ちだしたら掃除、

食事は出来あいの総菜や友達と外食…などなど。

どれも、気が向いてから動くことが基本でした(笑)。

でも、結婚したらそうはいかない!

洗濯物は倍になるから、ため込むととんでもない量になるし!

二人分の汚れのスピードが早い!

食事は出費を考えると、毎日作ったほうが得…。

すべてが二人分に増えると家事を後回しに出来なくなるのです。

だって後回しにすると、かえって大変なことになりますもんね。

そして女性のほうが、

家事の量が増える大変さに気づいてしまうのです。

ため込む大変さをわかっているから、出来るだけこまめに家事をします。

するとある時いつも自分だけが家事をしている、

自分ばかり大変な思いをしている…と気づくのです。

仕事をしていれば、家でも働いていて休む時がないと感じます。

夫は仕事だけしかしてないのに…。

自分は仕事も家事もしているのに不公平だ!

と思い始めていきます。

特に仕事をしているなら、家事の分担は絶対に必要です。

家事を分担できなければ、

仕事を辞めたほうが良いと言ってもいいくらいです。

家事の分担は夫をまきこんで!

夫は家事なんてできない。

夫は家事に向いてない。

ちょっと待ってください!

それって実はあなたが勝手に思い込んでいるだけかもしれないですよ。

また、夫に手を出されると自分のペースが乱される。

よけいに腹が立つから家事をしなくても仕方がない。

なんていう考えも、この機会にいったん横に置いてください。

繰り返しますが一緒に暮らしているのなら、

全員が家事をする必要があるのです。

夫も家事に必要な戦力で、

家事をする仲間であると見方を変えましょう!

その上で夫と家事を分担します。

学校で係を決める時みたいに出来るだけ楽しく決めてくださいね。

分担してやってみると実は自分より夫の方が器用で、

洗濯物をキレイにたたんでくれる。

凝り性で浴室の掃除をすみずみまでやってくれる。

料理のセンスがあるみたいで、まかせてみたらハマっていった。

なんて話もよくあります。

あなたの夫も実はかくれた才能があったりとか、夫の新しい発見ができるかもしれません。

女性だからってなんでも得意な訳じゃなく、

苦手な家事ももちろんあると思うので、夫と一緒にぜひ分担してみてください。

また、夫を立ててほめ、助けてほしいという姿勢で頼んでみることも大切です。

自分には向いてないな、どうしてもできないな…という演技も時には必要ですよ(笑)。

共働き夫婦は家事の分担で離婚を阻止?!

家事を分担するのは、早い段階が良いでしょう。

新婚時代が一番おすすめです!

というのは、早めに決めておかなければ困ったことになるのです。

はじめからあなたが家事をすべて引き受けてしまうと、

夫は良かれと思ってあなたに甘えます。

もし後から家事の分担を頼んでも、

今までやってこられたのに何で今さら?と思われるかもしれません。

あなたが家事をしてくれると思い込んでしまっていると、

分担の話をしても耳を貸してくれなくなる可能性も…。

家事の分担がうまく行かないと大ゲンカになるかもしれません。

今までの家事のストレスに

非協力的な夫の態度も加わって、

あなたの怒りが頂点に達するのも時間の問題です。

たかが家事の分担とバカにはできないですよ~。

ケンカの原因はささいなことが多いものです。

家事の分担がきっかけとなり、離婚話が持ち上がる事態もあるのですよ。

夫婦の間であなただけが家事担当だと思われないように、

できれば早めに手をうちましょう!

なので新婚時代が一番のおすすめタイミングです。

はじめから完璧に家事をこなす必要はありません。

家事になれていないほうが、

夫の助けてあげなければ!という気持ちを刺激するかもしれません。

これから長い人生を一緒に過ごすために、

将来を見すえた心地のよい暮らしを手に入れたいものです。

家事に振り回されず、夫婦なかよく暮らしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。