【前澤友作】子供時代からの生い立ちとは?結婚観がカオスすぎて理解不能!

Pocket

スポンサーリンク

剛力彩芽さんとの破局が明らかになった前ZOZOTOWN社長の前澤友作さん。

前澤友作さんって度々きれいなタレントさんとお付き合いをしますけど、結婚ってしないですよね~。

私もずっと何でかなって個人的に気になってたんですが、実は、前澤友作さんの結婚観は彼の子供時代からの生い立ちと深くかかわりがあるようなんです。

そこで今回は、

・前澤友作の子供時代からの生い立ちは?

・前澤友作の性格は?

・前澤友作の結婚観とは?

この辺りについて詳しくご紹介しますね。

スポンサーリンク

前澤友作の子供時代からの生い立ちとは?

今や総資産は2220億円で、日本を代表する資産家と呼ばれる前澤友作さん

いったいどんな子供時代(生い立ち)を過ごしてきたんでしょうか?

その前に、まずは前澤友作さんのプロフィールからご紹介しますね。

前澤友作プロフィール

前澤友作,子供時代,経歴,結婚

画像引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

<プロフィール>

名前:前澤 友作(まえざわ・ゆうさく)
生年月日:1975年11月22日(現在43歳)
出身:千葉県鎌ケ谷市
学歴:早稲田実業学校高等部
血液型:O型

前澤友作さんって高卒なんですね。。

なにやら進学校として有名な早稲田実業高校に入学したものの、音楽にのめりこむようになり、スタジオ代を稼ぐためにバイトをしてまでバンド活動に熱中する日々だったとか…

そのまま行けば早稲田大学、そして一流企業へ~という恵まれた環境だったにも関わらず、それを蹴って自分の好きな道に進んだという事ですね。

さすが一代で莫大な資産家になっちゃうような人は、考える事も違いますよね…

普通だったら、そんな美味しいレールが惹かれてたら喜んで飛び乗るところだと思いますが(;’∀’)

そんな前澤友作さん、やはり子供時代から人とは一味も二味も違ったようなんです。

前澤友作の子供時代からの生い立ちとは?

経理を担当するサラリーマンの父親と教育熱心な母親の間に長男として生まれた前澤友作さん。

母親の影響で様々な習い事をさせられていたんだそう。

でもそのほとんどが無駄だったと語る前澤さんですが、唯一公文式だけはやっててよかったと思ったそうです。…CMの通りかw

男の子らしく、やんちゃだったという幼少期ですが、当時大流行していた「キン消し」や「ビックリマンシール」をクラスで一番収集していたんだとか。

その理由が、みんなに見せびらかして自慢したいから(笑)

自分が欲しいから集めてたんじゃなくて、友達に自慢したいって理由がなんとも前澤さんらしいですよね。

他にも学生時代から人と同じことが大嫌いで、高校の入学式では学ランに真っ赤なスニーカーで出席したり、制服を着るのが嫌で1人だけ私服で投稿してたとか、幼少期から今の前澤さんにつながっていく性格が形成されていった事がわかります。

前澤友作,子供時代,経歴,結婚

画像引用元:https://gendai.ismedia.jp

…それにしても、良く言えば自己主張がしっかりある、悪く言えば強調性がないただの目立ちたがり…って感じで扱いにくい子供だったんですね💦

きっとご両親はご苦労された事でしょう。

しかも、せっかく行った進学校なのに大学行かないとか(-_-;)

特に教育熱心なお母さまからしたら理解できない事ばかりする息子って感じだったのではないでしょうか…( ;∀;)

スポンサーリンク

前澤友作の性格は?

そんな子供時代を送った前澤友作さん。

現在はどんな性格になったのでしょうか?

コレクション大好き

現代アートや、高級車、ワインなど前澤友作さんのコレクションは多岐に渡ります。

↑のバスキアの絵画はなんと123億

“よく「キリがない」と言いますけど、自分の「キリ」がどこにあるか見てみたい”と語る前澤友作さん。

物欲に終わりがなく、欲しいと思ったら買ってしまうんだとか。。

…まぁ、買えるだけのお金はあるんだから別にいいんですけど、すごい趣味ですね…

このコレクターとしての性格は「キン消し」や「ビックリマンシール」を収集していた幼少期からずっと変わらないものなのでしょうね。

自慢大好き

数々のコレクションを所有している前澤さんですが、彼にとってこれを大事に倉庫にしまっているんじゃ意味がないわけです。

やっぱり、人に見てもらわないと。。

…まぁ、でもこれについては一理ある気もしますよね。

私は詳しくはないのですが、アートなんかは、たくさんの人に見てもらってこそ価値があると思うし。しまっておいたりしたらもったいないし。

…ただこういう世の中ですから、やっぱりバッシングの対象にはなりやすいですよね(;’∀’)

でも、執着はしない

前澤友作さんのコレクションの一つである、高級車。

そのうちの、お値段なんと「3億円!!」とも言われる世界に1台しかない特注の「パガーニ・ゾンダZOZO」が、2016年に事故で大破してしまったんです。

…でも、前澤さんは特に落ち込む様子はなかったようなんですよね(;’∀’)

納車からたった1年での大破ですから、普通だったら発狂レベルですが…

前澤友作さんは、物に対する執着心はそれほど強くないようです。

競争心はないが、人と同じ事が大嫌い

勉強で人と張り合ったりする事が大嫌いだったという前澤さん。

決して負けず嫌いではないんですね。

でも、人と同じは大嫌い。

…だからこそ、人と違う発想力で巨万の富を築く経営手腕を発揮できたと言うことでしょうね。

…前澤さんのこの性格ですが、全てが彼の結婚観にも繋がっているようなんです。

スポンサーリンク

前澤友作の結婚観とは?

前澤友作さんは以前から、結婚はしないと宣言されています。

理由は「結婚という形にとらわれず、自分の気持ちに正直に仕事や恋愛に打ち込める方が幸せだから」との事。

そして、なんと座右の銘が一夫多妻!…なんだったら多夫多妻でもいいと思ってるみたいですよ(;’∀’)

…おぉ…ぅ、なんてカオスな発想…

事実、前澤さんには事実婚の2人の女性と子供も3人いるんだそう。

私たち一般人からしたら、ちょっと驚くような結婚観ですが、よくよく考えてみると全てが子供時代に形成された彼の性格に関係してると思いませんか?

コレクション気質で、かっこいい事や自慢するのが大好き

かつて付き合っていたタレントの紗栄子さんも今回の剛力彩芽さんも前澤さんの熱烈なアプローチで交際がはじまったとされています。

前澤友作,子供時代,経歴,結婚,紗栄子

画像引用元:https://news.livedoor.com/

いざ交際が始まると、隠すそぶりもなく、堂々と交際宣言を行い、豪華な旅行やデートの様子が次々と報道。

この投稿をInstagramで見る

ありのままに(@arino.mamani)がシェアした投稿


…きっと前澤さんにとっては、彼女という存在も自分の自慢のコレクションのひとつなんでしょうね。

もちろん彼なりに大切にはしてるのでしょうけど、大切なコレクションはみんなに見てもらってなんぼ。

…むしろそれが彼なりの愛情表現だったり。。(-_-;)

↓私はこんな愛情表現の方がいいけどな~↓

つるの剛士さんといえば、芸能界でも「子だくさん」として有名ですよね。 そんなつるのさんですが、最近、長女と一緒にタピオカデートした事を...

でも、執着はしない(笑)

大切なコレクションではあっても、関係がうまくいかなくなれば、どうしても関係を続けてたいというこだわりはありません。

前澤さんにとっては、結婚は終着点ではないので、興味の対象となるコレクション(女性)は他にもたくさんいる訳ですから。

…前澤さんはそうでも、女性側からしたらたまったもんじゃないですよね(-_-;)

最初はそんな前澤さんの考え方を理解して付き合ったつもりでも、好きになればなるほどずっと一緒にいたいとか、自分だけを見て欲しいと思うのは当然の感情だと思いますし。

かと言って、前澤さんのコレクション気質はなくなるものではないと思うので、いいな〜と思う女性がいればすぐGETしたくなる性格な訳ですからね〜。

お金も持ってるし、デートは豪華だし夢のような関係に思えても、結婚は出来ないし、いつも不安だし。

…普通の感覚の女性はあなたと付き合うのは大変だよ…

前澤さんのような人には、全く同じ考え方を持つ女性しかついていけないかもですね(-_-;)

スポンサーリンク

前澤友作【まとめ】

今日は、資産家として知られる元ZOZOタウン社長の前澤友作さんについてご紹介しました。

・前澤友作の結婚観は子供時代から形成された

・前澤友作の性格は、生粋のコレクターで自慢やかっこいい事が大好き、でも執着は薄い

・前澤友作の座右の銘は一夫多妻で、女性に対するコレクション欲も収まるところがない(笑)

今回残念ながら(?)破局が報道された前澤友作さんと剛力彩芽さん。

今は辛いかもしれませんが、剛力さんには普通に結婚願望がある普通の男性と普通に幸せになって欲しいと思います。

↓奥さんを一途に愛し、家族を大切にする。。。こんな男性もいるんだよ~!↓

【つるの剛士】子供と似てない?学校はどこ?育て方がステキすぎる件w

…ただ心配なのは、前澤さんとのお付き合いはかなり刺激があったと思うので、普通の男性では物足りなく感じてしまうかも…って事ですかね(^^;

…でも、「普通って素晴らしいんだよ〜、剛力ちゃん!!」と伝えたいお節介おばちゃんなのでしたww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする