小学生ママ必見⁉朝になると泣く子の対処法!

Pocket

小学校という新しい環境への期待に胸を膨らませて入学したのに、

朝登校時間になると泣き始めるという子どもが少なくありません。

特に新小学1年生にこの傾向は多いと言えますが、

上の学年でも泣くまではいかなくても朝になるとぐずる子がいます。

・仕事をしていると自分の出勤時間が迫るので、ついいらいら…。

・無理矢理叱って行かせるのはこちらが疲れてうんざりする。

・ここで甘やかすと、遅刻や休みぐせがついて不登校になってしまうのでは?

など子どもへの接し方に戸惑い、

どうしたら良いのか答えが見つからず悩んでいませんか?

子どもの事情はそれぞれあるので正解という答えはなかなか出ないこともありますが、

悩んでいるのが自分一人だけではないと知るだけでも気分が軽くなるのではないでしょうか?

私の子どもは今のところはそのような様子はありませんが、

友人の子どもや同じ習いごと先の子どもにその傾向がありました。

なかには原因が特定できないこともありましたが、

その母親の対処で良い方向へ変化したことを間近で見ていたので、

少しでも参考にしてもらえればと思います。

小学生が朝泣く理由とは?!

あなたの子どもの幼稚園や保育園時代の朝を思い出してみましょう。

もしかすると、その時から泣いてお母さんを困らせていたかもしれませんね。

でも年長さんの頃になるといかがでしたか?

変わらず毎日泣いて…という状態だったでしょうか?

おそらくそのような子どもは少なかったのではないでしょうか。

園に入りたての頃は、朝になると泣いて行きたがらない子どもが多いものの、

慣れてくると泣かずに行けるようになる場合が多いです。

年齢的にもまだまだ母親離れできる時期ではないので、

その時期の子どもは母親と離れることに不安を感じてしまいます。

園の保育時間が終わると必ず母親が迎えに来て、

必ず会えることを学習するのでだんだんと慣れて行くのでしょう。

しかしだからと言って小学校も同じとは限りません。

もちろん慣れることで改善する部分もありますが、

小学生くらいになると朝泣く理由が園とは変わってくるのです。

園の時は母親と離れることがとても不安で泣くことが多かったと思います。

ですが母親としばらく離れることに関しては、もう慣れているはずなのです。

ではなぜ小学生が朝泣いてしまうのか、子どもの目線で一緒に考えてみましょう。

園と比較してみるといろいろ思い浮かんでくるのではないでしょうか。

・学習が基本の小学校は各時間が決められている。

比較的自由だった園と比べると、

授業が優先なので嫌でも基本的に我慢して従わなければいけません。

小学校のうちはそれほど授業について行けないという悩みは少ないと思いますが、

この時間の制約が窮屈に感じる子どももいることでしょう。

・多くの子どもと集団生活をしなければならない。

小学校は集団生活のルールを学ぶ場でもあるので、

自分勝手な行動はできるだけ控える必要があります。

いろいろな子ども達が集まる場所なので、

中には気に入らない友達や気の合わない子どももいることでしょう。

集団生活だと特定の子どもを避けるわけにもいかず、

協力をしなければならない場面も多くあります。

これらのことから勉強だけではなく、

社会のルールを身に付けるための学習の場である小学校は

時に子どもたちにとってはストレスになってしまうこともあるのだと思います。

これらが原因であれば徐々に慣れていけるはずですが、

成長のスピードは個人差があるものなので、

なかなか改善が見られなければとても不安になりますよね。

子どもたちの環境がストレスを感じやすいということを分かってあげるだけでも、

子どもの気持ちに少しでも近づけるのではないでしょうか。

小学生が朝泣く時の対処法

私の友人には、子どもが数カ月間不登校になったという経験を持つ人がいます。

彼女の子どもは小学校の中学年でしたが、

朝泣くまではないものの、

起きようとしない・朝ご飯を食べないなどを毎朝繰り返していました。

彼女は働いていたので、

仕事を休んだり遅れて行くなど職場にも迷惑をかけてしまうことにも悩んでいました。

その頃は「なんで学校に行かないの?」「他の子はちゃんと行っているのに!」なんで、なんで…?

と子どもを責め毎朝イライラして言葉を荒げていたそうです。

結果彼女は仕事を退職し、数カ月の子どもの不登校を経験しましたが、

その子は現在毎朝元気に小学校へ通っています。

彼女も新しい職場へ復帰し、今は全く子どもの朝のぐずりや不登校に悩まされてはいません。

最後に彼女の言葉がとても印象に残ったので、ここに記したいと思います。

『もう学校行けなくてもいいや、って思った。

死ぬわけじゃないしね。

卒業するまで学校行けなくてもとことん付き合おうと思ってね。

正直学校に行けって言うのに疲れたし。

 

そうしたら子どもの方が勝手に変わって行った。

私のことをプレッシャーに感じなくなったんだと思う。

 

多分私のいっぱいいっぱいの気持ちが全部伝わって悪循環になっていたんだろうな。』

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。