子育てや家事に疲れた…なかなか取れない疲れを解消しよう!

Pocket

子育てをしていると、楽しみや喜びもありますが、

日々の疲れがどうしても溜まってきちゃいますよね。

子育てに加えて洗濯や料理や掃除などの家事もしなければなりません。

毎日毎日育児&家事を繰り返していれば、疲れが溜まってきて当然です。

そこで今回は、そんな育児や家事による疲れを解消し、

リフレッシュできる方法を紹介したいと思います!

子育ての大変な時期は健康グッズでうまく乗り切ろう!

子供が赤ちゃんの時やまだ幼いうちは、抱っこする機会が多いですよね。

うちの場合、赤ちゃんのうちは常に抱っこしてないと泣いてしまうタイプだったので、

いつも肩や首が凝っていました。(涙)

でも、そんな疲れは溜めておくと、後で大変なことになります。

実際にわたしは肩のコリを甘くみていて、特に何もせずに放っておいたんです。

するとある朝、なんと突然腕が上がらなくなったんです!

肩が凝っているな~、とは思っていましたがいきなりだったのでかなり驚きました。

すぐに病院に行ってみると、疲れが溜まっているということで

ホットパックをしてもらい、処方された湿布を貼っているとだんだん良くなりました。

コリを感じたな、と思った時点で何か対処しておけば、

ある日突然肩が上がらないなんてことにはならなかったのかな…と今考えると反省です。

わたしが普段やっている、肩こりや首のコリを解消する方法ですが、

雑貨店の健康グッズコーナー等に売っている肩こり解消グッズをよく使います。

愛用しているのは、電動で肩に当てるだけで肩をマッサージしてくれる優れものです。

手で持って押す手動タイプもありますが、電動が断然楽なのでお気に入りです。笑

プラザや東急ハンズなどの大きい雑貨店なら、大抵置いてあると思います。

値段も、3000円前後で売っているものが多いので、お手頃でオススメです。

他には、遠赤外線マットといって、肩や首だけじゃなく腰にも巻ける、

ベルト状になっているグッズを愛用しています。

これは巻くと温かくてとても気持ちいいので、毎日使用しています。

このようなグッズを使って毎日温めたり、

肩が重いと感じた時はを感じたらすぐに電動マッサージ器具を使うようにしてからは、

コリによる疲れを感じる事がぐっと減りました。

一時期は整体にも通っていましたが、正直結構お金がかかるんですよね…。

わたしはコースで通ってトータル4万くらい使いました。

行ったその時はもちろんとても調子がいいんですが、

わたしの場合は続けないとすぐに戻ってしまうんです。。

なのでどちらかというと毎日自宅でテレビを見ながらケア出来る方法が、

わたしには合っていると思います。

最近は、健康グッズもお手頃な値段で販売されていますし、

思いのほか効果も高いのでとてもお勧めです。

お子さんの抱っこなどでコリを感じたら、

出来るだけすぐにその疲れに対処した方がいいと思います。

わたしの場合、何もしていなかった頃に比べると、

格段に調子は良くなりましたし、痛めた肩もその後はすっかり良くなりました。

自宅で自分のペースで気軽に疲れを解消したいママには、めちゃオススメです!

子育てで無理して体が悲鳴をあげる前にしっかり疲れを取ろう

疲れを取る為には、気持ちを癒す事も大切です。

実は疲れを感じるのは、体だけじゃなく心の問題でもあります。

なので時には、子育てによる疲れを温泉で癒してみるのはいかがでしょうか?

温泉にゆっくり浸かって、美味しいご馳走を食べていると、

不思議と普段の子育て疲れも取れると思います。

いつも頑張ってるご褒美に、温泉旅行を自分にプレゼントしちゃいましょう!

たまには、ちょっと贅沢に旦那様とお子様と一緒に出掛けてみるのもよくないですか?

家族で行くと、自分だけじゃなく子供も旦那様もご機嫌になりますし、

思い出にもなりますよん♪

子育てや洗濯や掃除などの家事だけがママの役割じゃないんです。

疲れを心から解消して、笑顔でいる事もママの大事な役割のうちの1つなんです。

子育てのストレス解消に好きなものを食べよう!

わたしはよく、育児で疲れた気分をリフレッシュするために、

自分の好きなものを食べています。

甘いものが大好きなので、お菓子を買って、

これまた大好きな紅茶と一緒に食べます。

すると、「好きな美味しいものを食べてる!」という満足感からか疲れも和らぐので、

時々子供が寝てからゆっくり食べています♪

ただ、授乳中のママは、甘いものを食べすぎると良くないと思うので、

ほどほどの量で楽しんでくださいね。

あと子育て中は、なかなか運動する時間が取れないので、

食べた分だけ体重になってしまいやすいと思います。

なので、わたしは小さいチョコレートを1日2.3個とか、

クッキーを3枚など、少ないけど大好きなお菓子を厳選して、

決してどか食いしないように、時間をかけてゆっくり味わう事で満足感を得るようにしています。

まとめ

ママが笑顔でいるという事は、家族にとって想像以上に大切な事です。

なので、健康グッズを使って体の疲れを予防したり、

好きな場所や食べ物で気持ちのケアを忘れずに、

できるだけ疲れを溜めないように育児をしていきましょう!

中には、リフレッシュのために自分にご褒美をあげることに罪悪感を感じてしまうママもいるようです。

でも、普段頑張って育児や家事をしているんだから、

たまにはリフレッシュして疲れを解消する事は絶対に必要な事です。

上手に育児の疲れを解消して、笑顔のあふれるステキな毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。