小学校入学前の不安!同じ保育園の子がいないとダメなの?!

Pocket

保育園や幼稚園を無事卒園し、感動やさみしさを味わうのも束の間。

次はいよいよ小学校入学です。

このタイミングで夫の転勤等引っ越しをすることとなり、

環境ががらっと変わる人も多くいることでしょう。

また子どもを保育園に通わせていた場合、

あなたの職場に近い園だったとか

小学校区以外の園だったのであればとても不安になる問題があります。

それは子どもが入学予定の小学校に同じ保育園出身の子がいないという問題です!

特に保育園は待機児童の問題もあり、

あなたの希望通り、例えば自宅に近い園に必ずしも入園できるわけではありませんよね。

小学校は区外だから大丈夫だろうか?と悩んでいる人もいることでしょう。

子どもが小学校に入学した時、

同じ保育園の子がいないとどのようなことが考えられるのかを見ていきましょう。

小学校に同じ保育園の子がいる場合のメリット

保育園の年長さんくらいになると、少しずつ小学校の情報が入ってきますよね。

ランドセルのコマーシャルがとても早い時期から流れていたり、

お店に行くと小学1年生をターゲットにした商品がたくさん並んでいます。

同じ園のママ友とも情報交換する機会も多くあり、とても貴重な情報源だと思います。

・小学生の兄弟がいるママ友の存在

特に上のお子さんが小学生だというママ友の情報は、

リアルタイムな情報で大変参考になることが多いと思います。

子どもが入学予定の小学校であれば、

知りたい情報を気軽に手に入れることができますよね。

そう、小学校に同じ保育園出身の子どもがいる場合は、

とても有効な情報が手に入りやすいのです。

また分からないことを質問できるし、

理解できるまでしっかり話すこともできますよね。

同じ保育園出身で小学生の子どもがいるママ友は大変心強い存在となります。

同じ保育園でも子どもが長子である場合のママ友の存在

この場合はあなたと同じ状態なので、

小学校の情報を多く手に入れることには期待できません。

しかし分からない者どうしで不安を分かち合えるし、

一緒に情報源を探したり、

お互いに有益な情報が分かった時には共有できるというメリットがあります。

・同じ保育園のお友達が小学校でも一緒

こちらは子ども目線で考えた場合、

保育園を卒園しても友達と同じ小学校に行けるのは嬉しいことだろうと思います。

子どもが仲良しの友達であればなおさら安心だし、

人見知りをする子どもであれば知っている子がいるだけで心強く感じますよね。

このように小学校で同じ保育園の子がいるメリットは大きいので、

反対の立場にあるととても不安に思います。

では本当に小学校に同じ保育園の子がいないと、

デメリットばかりになってしまうのでしょうか?

小学校に同じ保育園の子がいないとデメリットになるか

基本的に、小学校に同じ保育園の子がいる場合のメリットの逆がデメリットになると考えられます。

しかしそのデメリットを知っていれば、

前もって対策を立てることができるので一緒に考えてみましょう。

ではまず小学校に同じ保育園の子がいるメリットのおさらいをしましょう。

・小学生の兄弟がいるママ友の存在

同じ保育園でも子どもが長子である場合のママ友の存在

・同じ保育園のお友達が小学校でも一緒

同じ保育園のママ友がいないと、情報が少なく不安になることが多いと思います。

でもご心配なく!情報源はママ友だけだと思っていませんか?

実は分からないことは直接小学校に聞くことが一番ですよ。

子どもが保育園に通っている場合は、

小学校に入学した後は学童保育や放課後クラブを利用しようと思っている人が多いかもしれません。

それらの施設は小学校入学前の春休み中から利用できる場合もあるので、

前もって直接問い合わせると良いでしょう。

次に子ども目線で考えると、

確かに同じ保育園のお友達がいる方が安心で小学校にも早く馴染みやすいという面もあります。

しかし子どもは親が思っているよりも、

いや親よりもとても順応性が高いのです。

たとえ人見知りをする子でも、今も数人の友達がいるのではありませんか?

あなたの子どもの順応性を信じて、新しい友達との出会いを期待しましょう!

小学校に同じ保育園の子がいないのはマイナスにならない

引っ越しや転勤などで見知らぬ土地での小学校入学や、

近所でも知り合いが少ないことに不安を感じる親は多いと思います。

しかし同じ立場の人はあなただけではありませんし、悪いことばかりではないのです。

あなたがあまりにも不安がったり心配しすぎると、

かえってあなたの子どもに良くない影響を与えてしまうかもしれません。

不安な気持ちは、たとえ上に小学生がいるママ達であってもあると思います。

一度経験しているとはいえ、

子供によって性格等も違うわけですから、やっぱり不安はあるのではないでしょうか?

あなただけが不安なわけではなく、多少の差があってもどの親も不安を感じるという意味では同じなのです。

あなたの立場が不利だとかマイナスに考えず、

子供にとって新しく楽しいことが始まるという期待やわくわくする気持ちに目を向けましょう。

あなたが小学校入学を楽しみにしていれば、

きっとあなたの子どもも毎日楽しく通う元気な小学生になれますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。