子育て中のイライラが止められない…怒鳴る自分を変えたいあなたへ

Pocket

「もう、なんなの!」

「どうしていつもいつも、

ママの言うことが聞けないの!」

家事も育児も、あるいは仕事もあれもこれもとママはいつでも大忙しです。

とにかく忙しくてそれだけでも目が回りそうなのに、

どうしてこの子はいつもこうなの?

忙しいときに限って困らせるようなことばっかりして。

イライラが爆発して、また今日も怒鳴ってしまった。

こんなはずじゃなかったのに。

わたしの育て方が悪いの?この子がヘンなの?

…そう悩むママ、実はとても多いのです。

子育てのイライラはどうする?反省してるのに止められない

イライラして怒鳴って、冷静になってから反省して落ち込んで…

いつもそれを繰り返してしまってる…なんて人、けっこういるのではないでしょうか。

あなたはどうですか?

でも、全然恥じる必要はありません。

それは情けないことでもないし、責められることでもありませんよ。

同じように悩む人はたくさんいます。

自分の感情が爆発して抑えられなくなること、誰にだって経験ありますよね。

でも。

実はそれ、子どもも同じなんです。

大人が「怒鳴る」という手段で感情を爆発させるように、

子どもは「泣き叫ぶ」という方法で感情を爆発させているだけなんです。

大人だって、自分の感情をコントロールしたり

いつどんな時でも冷静に相手の気持ちを察したりするのはなかなか難しいことですよね。

ましてそれが小さな子どもなら、なおさらだと思いませんか?

周りの状況や相手の気持ちを察して、

それに合わせて自分の感情をコントロールする…

そんなことが完璧に出来る子どもはおそらくいませんよね。

むしろまだ幼い子どもなんだから、そんなこと出来なくていいんです。

あなたが怒鳴っている時と、子どもが泣き叫んでいる時。

実はよく似た気持ちだったりします。

「どうして分かってくれないの!」

「ママに負けないくらい、わたしも大きな声を出さなきゃ!」

「嫌なものは嫌だし、ダメなものはダメなの!」

あえて言葉にするなら、たぶんこんな感じではないでしょうか。

もし、怒鳴っている瞬間のあなたに

別の誰かが「やめなさい!」と怒鳴ってきたとしたら

あなたはどう思いますか?

あなたはその言葉に納得して、

すぐに態度を改めてその場で反省や謝罪をすることができますか?

わたしなら、たぶん冷静になるどころか

逆にムキになってしまうと思います。

たぶんみんなそういうことって、ありますよね。

わたしも、あなたも、そして子どもたちも。

きっとみんな、おんなじなんです。

少しでもイライラしてきたら、

怒鳴ってしまう前にちょっと思い出してみてください。

まだまだ小さいんだから、出来なくて当たり前だよね。

怒鳴られたからって、冷静になれるものでもないよね。

まあいいか。

こんなにやりたがってるんだから、

やらせてみようかな。

そう思えたなら、もう大丈夫!

「あきらめる」と、楽になります。

そうすることで怒鳴らなくて済むなら、そして子どもの笑顔を見られるなら、

あきらめるのも悪くないと思いませんか?

子育てする時の正しい、子どもの叱り方は?

そうは言っても、
叱らなくてはならないこともたくさんありますよね。

そんなときは、怒鳴るよりも前に、子どもの気持ちを認めてあげてください。

否定するのではなく、認めるところからスタートしてみるのです。

「○○したかったんだね、ダメって言われて悲しいね!」

こんな風に気持ちを認めてあげて、

そのうえでなぜダメなのか、ちゃんと話してあげてください。

ただしそれでも子どもはきっとすぐにやめてはくれませんよね。

さっきの話を思い出してください。

何かを言われただけですぐに冷静になるなんて、

そんなことはほとんど無いのです。

それを忘れないでください。

「こうするといいと聞いたから実践したのに、子どもは泣き止まない」

当たり前です。

でもそれでいいんです。

言い続けることで、

少しずつ、少しずつ聞く耳を持つようになってくるのです。

そのことを忘れて、素早い効果だけを求めていると、

あなたが苦しくなるばかりで、イライラがまた増えていってしまいます。

自分にも子どもにもイライラして、
結局また怒鳴って、反省…の繰り返しになってしまいますよ。

そしてもうひとつ、重要なことがあります。

叱るばかりではなく、お子さんを褒めてあげていますか?

「○○をしたときは叱る」のなら、

「○○をしなかったときは褒める」

って、やってますか?

「お約束ちゃんと守れたね!」

「頑張ったね!」「大好きだよ!」などなど。

褒めるのは叱るのよりもずっと効果絶大です!

きっと

いつのまにかママも子どもも笑顔で過ごせるようになっていきますよ。

まとめ

泣き叫んだりされると、ママはあせってしまうし困ってしまいますよね。

でもそれはわがままなのではなく、困った子でもなく、正常な反応です。

自己主張できるくらいまで成長したという証です。

甘やかしたせいでワガママな子になった、だなんて大きな間違いです。

あなたが頑張ってきたから健全に成長ができている、ということなのです。

そして何よりも

あなたを信頼しているからこそ見せられる姿なんですよね。

ママだからって、何もかもを完璧に出来るわけではありませんよね。

時には何かを諦めたり、手を抜いたりしていいんです。

この日々は、何年も続くわけではありません。

今しかない貴重な日々をどう過ごすか

すべてはあなたの考え方ひとつで、きっと変えてゆけますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。