【丸井英弘弁護士(国母和宏の代理人)】経歴や顔画像は?イチローの名前を出して大ブーイング!

Pocket

大麻取締法違反などの罪で起訴されたプロスノーボーダーの国母和宏被告

8日に開かれた初公判で、国母被告の弁護士の丸井英弘さんの発言が話題になっています。

なにやら大麻使用の被告の弁護に「イチロー」の名前や「国民栄誉賞」などのワードを使ったとか…

丸井英弘弁護士の経歴や顔画像が気になります。。

そこで今回は、

・丸井英弘(国母和宏の弁護士)の発言が話題!

・丸井英弘の経歴や顔画像は?

・丸井英弘は大麻推進派の弁護士!

・丸井英弘の発言にブーイングの嵐!

…この辺りについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

丸井英弘(国母和宏の弁護士)の発言が話題!

大麻取締法違反などの罪で起訴されたプロスノーボーダーの国母和宏被告。

その国母被告の初公判で、代理人の丸井英弘弁護士の繰り広げた弁護内容がトンデモだと話題になっています。

丸井英弘弁護士の発言は以下のようなものです。

・大麻が有益かをアピールし、大麻を禁止することが1945年のポツダム宣言に「違反するものと考えている」と強調。

・国母被告がバンクーバー五輪に出場したこと、スノボ界で最も権威のある賞を受賞したことを上げ、「世界一のスノーボーダーと言っていいのでは?」と発言

・国母被告を「イチローのような国民栄誉賞級の人物」と持ち上げた。

…国母被告がイチロー?

国民栄誉賞級の人物?

…いやいや大麻事件の被告の裁判ですよね?

何言っちゃってるんでしょうか?

本当ですよね。

急に名前を出されたイチローさんの心情もお察しします…(-_-;)

スポンサーリンク

丸井英弘の経歴や顔画像は?

国母和宏被告の裁判でトンデモ発言をした丸井英弘弁護士。

経歴や顔画像が気になりますよね。

調べてみたところ、丸井英弘弁護士はTwitterやFacebookを利用している事が分かりました。

顔画像が気になる方はTwitterやFacebookで確認してみてくださいね。

丸井英弘弁護士Facebook

丸井英弘弁護士Twitter

丸井英弘プロフィール

<プロフィール>

名前:丸井 英弘(まるい ひでひろ)
生年月日:1944年9月13日(現在75歳)
出身地:愛知県名古屋市
学歴:国際キリスト教大学・東京教育大学
1974年4月より弁護士としての活動を開始

趣味は、尺八・弓道・読書だそうです。

スポンサーリンク

丸井英弘は大麻推進派の弁護士!

国母和宏被告を担当している丸井英弘弁護士ですが、「大麻推進派の弁護士」として知られているようです。

Facebookでも「大麻草の有効利用の推進ー大麻取締法の廃止ないし改正」を主張されています。

今回の初公判でも、「大麻がいかに有益かをアピール」していた丸井英弘弁護士。

…なんか、とっても論点がずれている…と感じるのは私だけでしょうか?

丸井英弘弁護士の思想は個人の自由だと思います。

でも、大麻密輸の容疑で裁判が開かれているのに、その場で大麻の有益さをアピールするとは…なんともですよね(-_-;)

丸井英弘弁護士は、「健康大麻という考え方」という本にも著者の一人として参加しているようです。

スポンサーリンク

丸井英弘の発言にブーイングの嵐!

裁判で国母被告を「イチロー」や「国民栄誉賞級」と称え、おまけに大麻の有益性を訴えて原型を求めるなど、的外れな発言を連発した丸井英弘弁護士。

…この発言には当然のことながら、大ブーイングが起こっています。

まぁ、当然ですよね。

思想や理論は個人の自由かもしれませんが、国母被告が法に反しているのは事実

反省を促してしかるべきなのに、逆に今までの功績を称え「イチロー級」と言われちゃったら国母被告本人はますます調子に乗ってしまう気がします(-_-;)

それに、何より急に名前を出されたイチローさんには本当に失礼だと思います。

イチローさんは本物の英雄ですから!

スポンサーリンク

まとめ

今日は大麻取締法違反などの罪で起訴されたプロスノーボーダーの国母和宏被告の裁判でトンデモ発言をしたと話題の丸井英弘弁護士についてご紹介しました。

何より問題なのが、国母和宏被告が14歳から大麻を使用していた事。

そして、裁判では反省の言葉を口にはしたものの、裁判官から「もう大麻はやらない?」と聞かれると、「大麻と関わることがすべて違法なこととは思えません」と主張

「一切やめるというわけではないのか?」という問いにも「う~ん。いろいろ勉強して…。違法なことはしません」と答えた事。。

…こりゃ、辞める気ないでしょ(-_-;)

これじゃ、何のために逮捕されて罪に問われたのか分からなくなっちゃいますよね。

いくら輝かしい功績を残しても、罪は罪。

そこをしっかり理解していないと何度捕まっても同じことだと思います。。

せっかく実力ある選手だったのに、本当に残念ですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする