運動会の悩み⁉場所取りってしないとダメなの?

Pocket

子供の運動会が近づいてくると、

いろいろ準備があわただしくなってきますよね。

子供が頑張っている姿が楽しみなのはもちろんですが、

何かと忙しくなり少し面倒な気持ちが本音であることもありませんか?

・弁当のおかずは何にしよう。

・カメラ・ビデオカメラや三脚の点検をしておかないと。

・自分の服は何を着て行こう?

など、意外に下準備がたくさんあると思います。

準備と言えば、あなたは当日の運動会の場所取りはどうしていますか?

私の子供が幼稚園のころは子供自身がクラスでくじ引きをして、

保護者の観覧席が指定されていました。

その場所以外で広く場所が必要な人は、

大型のテントなどの場所取りはしていましたが。

なので幼稚園は大して気にしていなかったけど、

小学校に入ってから迎えた運動会では場所取りという新たな悩みが起きてしまいました!

指定席ではないので場所の確保が必須なのです。

運動会の前になると学校から手紙があり、

当日の開門時間のお知らせ・前日からの場所取りは禁止など云々…。

聞けば開門前に長蛇の列ができるから、場所取りの行列の場所取りが必要なんだとか!

あなたは運動会の場所取りをする派ですか?

それともしない派ですか?

それぞれのメリットなどを考えてみましょう!

運動会で場所取りする派

運動会の場所取りはもちろんします!という気合十分な人の意見をみてみましょう。

1.わが子の活躍を近くで見たい。

2.広い場所にゆっくりいたい。

3.日よけが必要。

大きく分けるとこんな理由が多いのではないでしょうか。

わが子の活躍を近くで見たい。

 

おそらくどの保護者も思っていることで、できるだけ近い場所で見たいですよね。

カメラの精度が進化しているとはいえ、ベストショットを撮るならやはり近くが最適です。

撮影の時に撮影をしている人が前にいると、レンズに入り込んでしまうので

それを避けるためにも可能な限り前にいる方が有利だと思います。

広い場所にゆっくりいたい。

 

わが子の出番の時はカメラのシャッターチャンスを狙うなど忙しいけど、

出番がない時間も比較的多いですよね。

そんな時には朝早く弁当作りに励んだお母さんも、

仕事の休みを寝て過ごしたいお父さんも、

足を伸ばしてゆっくり休みたいと思う事でしょう。

なかには場所取りのために頑張って早起きするのだから、

絶対寝るぞ!と思っている人もいるかもしれませんね(笑)

日よけが必要。

最近の運動会は春に行う園や学校も増えてきています。

春なら5月・秋なら9月か10月というように、

どちらにしてもまだ暑く紫外線の強い季節のことが多いです。

弁当の保管場所としても、保護者のなかには祖父母もいるかもしれないので、

観覧時は日よけが必要ですよね。

テントなど日よけができる道具を利用するためには、広い場所の確保が必要になります。

運動会で場所取りしない派

場所取りをすると良いことばかりあるように感じてしまいそうですが、

それでも場所取りをしない派の意見はどのようなものなのでしょうか。

1.運動会の朝はとても忙しい。

2.家族の協力が得られない。

3.そもそも並ぶことが苦手。

このような意見が多いと思います。

運動会の朝はとても忙しい。

運動会の準備と言えば、まず浮かぶのが弁当作りではないでしょうか?

献立を決める・食材の買い出しなど少し前から計画的に準備ができるとしても、

運動会の弁当作りは少し手間になる傾向があります。

暑い季節なのでおかずが腐らないように、全てに火を通す必要があるし

酢飯にしてお寿司にする方法もあると思います。

普段の弁当よりも少し豪華になるよう意識して作ることもありますよね。

そのような諸々の準備が意外と大変で時間がかかってしまうことが考えられます。

家族の協力が得られない。

お母さんは弁当作りに忙しく、お父さんが場所取りに行くというパターンが多いと思います。

しかしお父さんもせっかくの休みなのだから、

出発ギリギリまで寝たい!と思うことがあるでしょう。

だからといってお弁当作りを交代してもらうこともできないので、

結果場所取りはあきらめるという家庭もあります。

そもそも並ぶことが苦手。

これは私にあてはまることですが、夫婦そろって並ぶことに抵抗がある場合です。

テントや椅子などの重たいキャンプ用品を持って、行列に加わることが苦手なので、

最初から場所取りをしようとは思っていません。

スポンサーリンク

運動会で場所取りしない場合の心得

運動会の場所取りをする派としない派の意見をみて、

あなたの考えはどちらに近かったでしょうか?

もしあなたが場所取りをしない派であるなら、少し注意しておきたいことがあります。

・昼ご飯(弁当)を食べる場所だけは確保すること

・カメラの撮影はベストショットが撮れない場合もあること

昼ご飯(弁当)を食べるのは子供と一緒に、という園や学校が多いと思うので、

ゆっくりと食べる場所だけでも確保することをおすすめします。

昼ご飯の時間なら観覧できない位置でも空いている場所で構わないので、

広く確保できると思いますよ。

園や学校によっては、体育館や一部の教室を開放することもありますので事前に調べておきましょう。

カメラ撮影は子供の出番の時に良い場所を探して移動できますが、

場所取りをしている人が前にいる可能性があります。

そこはベストショットをあきらめるか、

子供の姿を目に焼き付けるという意識を持つというように考えましょう。

各家庭の事情もあるのでどちらが正解というよりも、

それぞれ自分や家族の考え方にマッチした運動会に臨む方法が見つかると良いですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。