赤ちゃん連れの疑問!大浴場の利用はどうしているの?

Pocket

赤ちゃんがいる家族の旅行は、その時期にしか味わうことのできない特別な時間ですよね。

普段のお出かけにしても赤ちゃんがいると、

大人だけでは経験できない学びの時間でもあると思います。

特に旅行ともなると、

赤ちゃんを中心とした目的地・宿泊先・利用可能な施設…など下調べが必要になります。

少々面倒なことですが、最近は観光地でも赤ちゃん連れの家族をよく見かけますし、

赤ちゃん対応の宿泊先も増えてきましたね。

赤ちゃんといっても月齢によって、

首が座っていない子もいればつかまり立ちができる子もいて個人差が大きいものです。

その時の月齢や赤ちゃんの発達段階を考えた上で、旅行の計画を立てる人が多いでしょう。

しかし、お風呂の不安はどの段階の赤ちゃんでも起こる問題ですし、

自分で洗えるようになるのはまだまだ先のことですよね。

赤ちゃんの時期は目も手も離せないので、

必ずお風呂のイメージトレーニングが必要になります。

宿泊先の部屋に浴室があるなら別ですが、今回は大浴場のある宿泊先を想定してみます。

いろいろな考え方があると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんを大浴場に入れない派

ママの中には大浴場に入れたくない!という人もいると思うので、

なぜそう思うのか考えてみました。

・大浴場は広いから危ない

正直まだ沐浴の段階にある赤ちゃんが大浴場を利用するのは難しいと思います。

赤ちゃんはシャワーで対応できたとしても、

ママが洗う番のことを考えると同性の協力者が必要になります。

またお湯の深さを考えると、ママ一人では対応できません。

つかまり立ちができる赤ちゃんなら、

もしかするとママの番は待たせながら猛スピードで洗えば何とかなるかもしれません。

・外の人に迷惑がかかるかもしれない

赤ちゃんは泣くのが仕事なので、

慣れない環境の浴室で大泣きしてしまうかもしれません。

他にもおもらしをする可能性もあるので、周りの目が気になりますよね。

・衛生的に不安

多くの人が利用する大浴場なので、清潔面を気にする気持ちはよく分かります。

特に何でも口に入れてしまう時期の赤ちゃんなら、

浴室のものを口にする危険もあります。

おそらく大浴場を赤ちゃんと利用するのはママであることが多いと思います。

母親などの同性の協力者がいなければ、思わぬ事故が起きるかもしれませんし、

ママ一人ではとても不安になりますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんを大浴場に入れる派

反対に赤ちゃんを大浴場に入れることの抵抗のない人は、

どのように考えているのでしょうか。

・パパとママと赤ちゃんだけだから

同性の協力者がいるはずだったけど、当日参加ができなくなったという場合で、

急遽赤ちゃんと入らざるを得ない人もいることでしょう。

協力者がいなくても親子水入らずでの旅行をしたい人という可能性もありますね。

 

・赤ちゃんも同じ経験をさせたい

ふだんでもできるだけ大人と同じ経験をさせて、

一緒に楽しみたいと考える気持ちはよく分かりますね。

旅行も例外ではなく、大浴場の利用も大変だけどめったにない経験ととらえているのかもしれません。

赤ちゃんを大浴場に入れる派の意見は、決して積極的に入れたいのではなく、

仕方なく…と思っている印象がありますね。

ほとんどのママが赤ちゃんを大浴場に入れることには抵抗があって、

それでも入れなければならない状況にある場合は

入れても問題ないと考えているのではないでしょうか。

赤ちゃんを大浴場に入れる時に注意したいこと

赤ちゃんを大浴場に入れることに抵抗がある人が多いと思いますが、

やむを得ず一緒に利用することがあるかもしれません。

そのような時に注意しておきたいポイントをまとめてみます。

・宿泊先に確認する。

予約の時に赤ちゃんの大浴場の利用を伝え、許可をもらうことが大切です。

ベビー用のバスや椅子を用意している施設もあるので、

付属の物品も聞いておくと安心ですね。

また入浴時にプール用のおむつを使用は可能かも聞いておくのも良いでしょう。

・同性の協力者がいる。

母親などの同性の旅行付き添いがあり、協力を得られるととても心強いですね。

できれば同性の同行者がいることがおすすめです。

・首が座っている月齢の赤ちゃんであること。

家庭でも浴室は赤ちゃんにとって危険な環境でもあるので、

旅先全般に当てはまりますが特に浴室では思わぬ事故が起きるかもしれません。

月齢的には首が座っている赤ちゃんであることが前提だと思います。

入浴前の排泄を確認しておく。

プール用のおむつを使用できる宿泊先であれば良いですが、

そうでない場合は可能な限り入浴前に排泄できていると良いですね。

排泄の確認後に大浴場へ向かうというタイミングを計画するのも良いと思います。

赤ちゃんとの旅行はいろいろ制限があり、実行が難しいと思っている人も多いでしょう。

月齢に関係なく、

この時期にしか休みが取れなかったとかやむを得ない事情の家族もいることと思います。

赤ちゃんの大浴場の利用一つとっても不安は尽きないですが、

できるだけ周りに迷惑をかけない配慮ママの負担を軽くできる工夫で乗り越えたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。