【槇原敬之】歯がボロボロの原因は薬?!10年前の画像比較で驚愕の事実が!

Pocket

スポンサーリンク

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された歌手の槇原敬之さん。

今回2回目となる逮捕に衝撃が走っていますよね。

と、同時に「槇原敬之さんの歯がボロボロな事」が注目されています。

歯並びが悪く、歯がボロボロだったのは薬の影響?

という訳で今回は、

・槇原敬之の歯がボロボロすぎる?

・槇原敬之の歯がボロボロなのは薬のせい?

・槇原敬之の歯を10年前のものと画像比較!

…この辺りについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

槇原敬之の歯がボロボロすぎる?

歌手の槇原敬之さんが覚せい剤取締法違反で逮捕された事で、改めて槇原敬之さんの歯に注目が集まっています。

…かなり、ガタガタ…というかボロボロなんですよね(-_-;)

…こうやって改めてみると本当に「ひどい」ですよね。

というか、ほとんどないように見えます。。

槇原敬之さんは芸能人ですし、「芸能人は歯が命」…とまではいかなくても人前に出る職業な以上、口元は気になるような気もするのですが…

それに、槇原敬之さんは大物芸能人ですから、歯を直すくらいのお金はもちろん持っているでしょうし。。

今まで、マッキーが歯を直さない理由については色々予測されてきましたが、今回の逮捕で「やっぱり薬の影響だったのでは?」と考える人が多いようなんです。

スポンサーリンク

槇原敬之の歯がボロボロなのは薬のせい?

2月13日に、覚せい剤所持で逮捕された槇原敬之さん。

Twitterではこんな声が…

…やはり、槇原敬之さんのボロボロの歯を見れば薬をやっていた事は明らか、と考える人が多いようですね。

薬で歯はボロボロになるの?

本当に薬の影響で歯がボロボロになる事はあるのでしょうか?

覚醒剤は製造過程で強い酸を使用しており、その酸によって歯が溶ける病気である「酸蝕症」に似た症状があらわれます。

覚醒剤の副作用によって強い歯ぎしりや食いしばりをおこなうため、歯が大きく削れたり、欠けることもあります。

気分の高まりなどにより歯をみがかず、清涼飲料水やアルコールの摂取が多くなるため口内は汚れ、虫歯が多発し、歯がボロボロになる傾向がみられます。

引用元:http://www5.famille.ne.jp/

なんと…

覚せい剤には強い酸が使われているので、歯はボロボロになってしまうんですね。

副作用により歯ぎしりや食いしばりの症状が出るとか…

改めて薬の依存の恐ろしさを感じますよね。。

スポンサーリンク

槇原敬之の歯を10年前のものと画像比較!

槇原敬之さんが薬で逮捕されるのは今回で2回目

以前の逮捕は、今から21年前の1999年の事でした。

…↑のように10年前の写真の歯はとてもきれいなんですよね!

つまり、10年前、2010年以降~今までの間に薬の影響があったのでは…?と考えてしまいますよね。

だって、10年間で、ここまでボロボロになるとは、普通の虫歯ぐらいじゃちょっと考えにくいような気がします。。

槇原敬之さんが、歯がボロボロなのにもかかわらず歯並びを矯正しない事について、今までは「歯並びを変えてしまう事によって歌声に影響が出るのを避ける為」…と言われていました。

ただ、今回の薬による逮捕を考えると、

薬によって歯がどんどんボロボロになっていっている」…と考えるのが自然な気もしてきました。

これはあくまでも私の予想ですので真偽のほどは分かりませんが、「ボロボロの歯を見られると歯医者さんに薬の使用を感づかれてしまう…」という気持ちもあったのかもしれませんよね。

個人的には、最近のテレビでの活躍や音楽活動も活発にされていた様子を見て、「もう薬は完全に断ち切れたんだな…」と思っていたのですが、

今回の逮捕を受けて、「もしかすると、やっぱりやめられずにずっと続けていたのかも…」と考えてしまいました。

…それにしても、槇原敬之さんが本当にステキな楽曲ばかりを世に送り出されてきた…と言う事を考えると、今回の逮捕が残念でたまりません。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする