新型肺炎で死亡【80代女性】入院先の病院は?転院3回でウイルス拡散の可能性も!?

Pocket

遂に新型肺炎コロナウイルスで、国内初の死者が出てしまいましたね。

誰しもが恐れていた事が現実になってしまいました。

急がれるのが、死亡した80代女性の感染経路の判明ですよね。

死亡した80代女性の入院先は?

と言う事で今回は、

・新型肺炎で国内初の死亡者となったのは80代女性!

・新型肺炎で国内初の死亡者、80代女性の入院先の病院は?

80代女性の転院はなんと3回だった!

…この辺りについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

新型肺炎で国内初の死亡者となったのは80代女性!

遂に新型肺炎で国内初の死者が出てしまいました。

亡くなったのは「神奈川県に住む80代の女性」との事。

この80代の女性は、先月1月22日に体調不良を訴え、本日2月13日に死亡したことが報道されています。

…もの凄いスピードで容体が悪化したことが分かりますよね。

しかも、この80代女性の「死亡後」に新型コロナウイルスへの感染が判明したとの事。

…死亡するまで、肺炎にかかっていた事がわからなかったって事?

それはつまり、80代女性の家族を含めて、めちゃくちゃたくさんの人が知らずに接触していた可能性があるのでは?

…って事ですよね。

この女性の感染経路については分かっていません。

でも、80代とはいっても最近のおじいちゃんおばあちゃんは若いので、どこへでも自由に行動できる場合が多いです。

さらに「渡航歴なし」との情報も。

と言う事は、国内で感染したという事。

ただ、そうはいっても外国から来た感染者からの感染なのか、それとも国内にいる他の感染者からなのか…

…そう考えると、早急に感染経路を判明しなければならないですよね…

スポンサーリンク

新型肺炎で国内初の死亡者、80代女性の入院先の病院は?

国内初の死亡者となった80代女性。

この女性に関しては、名前はもちろん住んでいる場所や病院も「神奈川県」だけで、詳細には情報が公開されていません。

神奈川県の会見でも、病院名は伏せられていたようですね…

先月1月22日に体調不良を訴え、病院を受診。

その後、体調不良が悪化し、入院したと伝えられている80代女性。

おそらく「神奈川県」のどこかの病院なのは間違いないのでしょう。。

これほどまでに、情報規制がされているのは、情報を漏らせば至る所で「パニック」が起こる事を懸念しての事なのかもしれません。。

でも、これ以上の感染者を増やさない為には、正しい情報を報道するのも必要だと思います。

…じゃないと、「もしかしたら自分も接触しているのでは?」「○○病院なのでは?」など、情報が錯綜し、余計にパニックを招く事になるかもしれません。

スポンサーリンク

80代女性の転院はなんと3回!

死亡した80代女性の転院は、当初受診した病院を含めるとなんと全部で3回!

しかも、恐ろしい事はこの女性が「死亡後に」コロナウイルスに感染したことが分かったという事です。

…つまり、ただでさえ体の弱っている方が受診している病院で、「そうとは知らずに」この女性が入院していたという事。

恐らくは、隔離等はされておらず、普通の入院患者として処置がされていたのではないでしょうか。

…と言う事は、すでに病院関係者や患者さん、死亡女性のご家族等たくさんの方が知らず知らずのうちに感染している可能性もあるのです。

スポンサーリンク

新型肺炎で国内初の死亡者に不安の声が…

…本当に一日も早い終息を、心から、心から願います…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする