【社会還元センターグループわ】担当職員は高齢者!?常習性も?!小6女児追い返し問題

Pocket

スポンサーリンク

神戸市のこども家庭センターという児童相談所で、夜中の3時に助けを求めて訪問した小学校6年生の女の子を、当直担当の職員がインターホン越しに追い返していたことがわかり問題となっています。

…また、こんなずさんな対応をする大人が…

一体どんな人なのでしょうか?

対応したのは「社会還元センターグループわ」というNPO法人の職員だったそうですが…

という訳で今回は、

・「社会還元センターグループわ」とは?

・「社会還元センターグループわ」小6女児追い返したのは誰?

・「社会還元センターグループわ」担当職員は4、5年前から当直を行っていた?

この辺りについてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

「社会還元センターグループわ」とは?

今回の問題の概要は?

神戸市のこども家庭センターという児童相談所で、夜中の3時に助けを求めて訪問した小学校6年生の女の子を、当直担当の職員がインターホン越しに追い返していた…という信じられない問題が起こっていた事が分かりました。

「夜中の3時」「小6の女の子が一人で」「児童相談所に来た」…

と、状況だけを見ても緊急性は明らかなこの状況。。

担当した職員は「高校生に見え、話の内容も深刻そうには思えなかった」、「なので警察に相談するように言った」…と。

しかもこの対応、すべて「インターホン越し」で話したって言うんです!

…いやいや、どう考えても対応おかし過ぎるでしょ。

真夜中に女の子が一人って状況を考えても、いったん施設内で話聞くとか、とりあえず顔を見に外に行くとかしないなんてありえなくないですか?

どんな気持ちで、女の子が児童相談所を訪ねてきたのか…

…なのに、顔もあわせず「警察に行け」とだけ…

大人の都合でたらい回しにされた女の子の気持ちを考えると、どう考えてもこの担当した職員が許せません!

「社会還元センターグループわ」とは?

神戸市のこども家庭センターでは、夜間の窓口業務を「社会還元センターグループわ」というNPO法人に委託していたとの事。

この 「社会還元センターグループわ」というNPO法人ですが、HPによれば、

グループわ は、神戸市シルバーカレッジで、 3年間学んだ仲間が建学の精神である「再び学んで、他のために」をモットーに 、会員一人ひとりの知識や経験を生かし、広く社会に貢献するボランティアグループの集合組織です。

引用元:http://www.wa-net.jp/

…となっており、つまりは主に60歳以上の高齢者でなるNPO法のようなんです。

活動としては主に地域のボランティアや、このような委託業務を請け負っているとの事です。

スポンサーリンク

「社会還元センターグループわ」小6女児追い返したのは誰?

60歳以上の高齢者の団体…

つまり、今回の問題の対応をした「当直担当の男性」も60代以上の高齢者だったと思われます。

いや、別に高齢者であっても、窓口業務の仕事をしても問題ないと思います。

ただ、今回の女の子に対する対応は明らかに「面倒くさい」という気持ちがあらわれたずさんな対応としか思えません。

時間は夜中の3時。

60歳以上の高齢者。。

少女を「追い払う」かのような対応。。。

…これはあくまでも、個人的な推測にはなってしまうのですが…

もしかするとこの職員は、「寝ていたのでは?」

…勘ぐり過ぎでしょうか?

でも、百歩譲って、本当に訪ねてきたこの少女が大人っぽくて高校生に見えたとしても、未成年には変わりない。

時間を考えれば、急いで対応しなければいけない案件には変わりないはず…

なのに、外に出てくるわけでもなくただ「警察に相談するように」と言っただけ。

「寝ていてちゃんと頭が回らないまま対応していたのでは?」と思うのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

「社会還元センターグループわ」担当職員は4、5年前から当直を行っていた?

センターのマニュアルでは、夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

しかも、この高齢職員。

このことを全く報告してもいないんですよね…(-_-;)

重大な事…という認識がないのか、それとも隠そうと思ったのか…

はたまた、夜中にそんな対応をしていた事さえも覚えていなかったのか…

真偽のほどは定かではないものの、ただ一つだけ断言できるのは

「この職員に児童相談所の夜間の窓口業務を任せるのには問題がある!」という事ですよね。

↑この職員については「4、5年前から」この児相の夜間の窓口業務を行っていた…という情報も。

…となると、考えたくもない事ですが、「この職員は前からこのようなずさんな対応をしていたのでは?」…とどうしても勘ぐってしまいます。。

いづれにしても、大人の不適切な対応で振り回され、心を痛めるのはいつも幼い子供です。

この少女も、ただでさえ夜中に親に追い出され、どんなに心細かったか…

なのに、やっとの思いで助けを求めた大人には、直接顔も見ずにあしらわれて…

今は少しでもこの少女が心の安らぎを得ることができていますように。

…そう祈らずにはいられません。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする