あなたには渡さない(11月24日)愛人が一人追加でドロドロが加速?!

Pocket

テレビ朝日系列で23時15分~現在放送中の「あなたには渡さない」。
みなさんは見てますか?

私、好きなんですよ~。

こういう突っ込みどころ満載、かつドロドロのドラマ( ̄m ̄〃)

そこで、私が注目する「あなたには渡さない」の1&2話の振り返りと次回11月24日放送の第3話について今回はまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「あなたには渡さない」1話・2話あらすじ

第1話 あらすじ

専業主婦として生活していた上島通子(木村佳乃)に、夫で料亭「花ずみ」の板長である夫(萩原聖人)から一本の電話があり、

「金沢からお客様がくるから、東京駅に迎えに行ってくれ」と頼まれる。

駅に迎えに行った通子の前に現れたのは、矢萩多衣(水野美紀)だった。

多衣は亡くなった夫の母との関係が近しかった事について楽しそうに話し、

ふいに

「わたくし、ご主人をいただきにまいりました」と、既に夫のサインがしてある離婚届を通子に差し出す。

夫との赤裸々な情事について話し出す多衣の失礼な発言に怒りながらも、夫からは何一つ知らされておらずあまりにも突然の出来事に呆然とする通子。

その帰り道、通子は自分の兄の友人で通子の事を昔から実の妹のように可愛がってくれていた笠井芯太郎(田中哲司)と再会する。

夫に事実を確認し、ある条件付きで離婚に応じることを決意し「花ずみ」へ向かう通子。

その条件とは通子が花ずみのおかみになることだった。

しかし、莫大な負債を抱え、「花ずみ」は既に倒産が決定しているという事実を知る。

夫が通子に離婚を言い出したのは、

その負債を通子に背負わせないようにという配慮があっての事だったと知る通子。

すべてを知った通子は金沢の多衣のもとを訪ね、

既に夫の署名が入った婚姻届けを差し出し、

「これを6000万円で買ってください」と告げる。

ラストシーンでは、バーで飲む笠井のもとになぜか多衣が訪れるシーンが。。

第2話 あらすじ

通子が持ってきた婚姻届けを6000万円で買う事を多衣は拒否。

しかし、6000万円で自分がおかみとなり、夫である旬平と共に新しい花ずみを始めたいという通子の話を聞き、多衣は

「あなたに賭けてみたくなった」と言って、知人から用立てて6000万円を通子に渡す。

そして、多衣が自分の巻いていた帯を通子に差し出し、

「実は、旬平の母から自分が無くなったらこの帯を通子さんに渡すように頼まれていた」

と話し、この帯は担保であり通子がお金を返せなくなったときは多衣が貰うと宣言する。

多衣から借りた6000万円を元手に新しい花ずみを開店させる通子。

開店祝いには笠井も駆けつけ、親しそうに話す通子と笠井の姿を旬平は複雑な表情で見つめる。

多衣も店に顔を出し、物語の主要キャスト4人が顔を合わせる。

「初めまして」とお互いに挨拶を交わす多衣と笠井だったが、本当は2人は初対面ではないという事を通子はまだ知らない。

花ずみは売上を順調に伸ばし、1回目の返済金を持って多衣のもとを訪れる通子。

そこへ、多衣とは最近会っていないと言っていた旬平が

「ただいま~」と言いながら帰ってくる。

多衣と色違いでお揃いのパーカーを着て。w。

自分とは花ずみの借金ゆえの偽装離婚だと思っていた通子は

その姿を見てショックを受ける。。

スポンサーリンク

「あなたには渡さない」3話はどうなる?

11月24日に放送される第3話。

通子は花ずみの仲居として昔から働いている八重(荻野目慶子)と旬平の前の板長で現在はライバル店の板長として働く前田(柴俊夫)との間に男女の関係があるとのうわさを耳にする。

八重はスパイとして花ずみの情報を前田に流していると。。

自分を慕ってくれて良く働いてくれる八重を信じている通子だったが、だんだんと盛況だった花ずみの客足が落ちてきて、通子は不安を隠せない。

そんな中、旬平の父親の愛人だった鶴代(萬田久子)が店を訪れる。

多衣も店を訪れ、鶴代と多衣、通子の間に不穏な空気が流れ始め…

「あなたには渡さない」感想

いや~、最初っからドロドロ具合が飛ばしまくりなドラマでした w。

なんせ愛人多衣を演じているのは「奪い愛、冬」でも強烈なキャラクターを演じて

毎回目が離せなかった水野美紀さんですから、

今回の愛人役も期待を裏切らない活躍をしてくれています( *´艸`)

妻である木村佳乃さん演じる通子に、自分と旬平との情事を初対面にも関わらず赤裸々に

話したり、ドロッとした目をしながらさらっと旬平とお揃いパーカーを着てみたり。

そして、ただいつも複雑な表情をするだけで何にも言わない夫旬平とか。

いや、なんか言おうよ。。。(笑)

何も言わないけど、ペアルックは着るんかい!

みたいに突っ込みどころが満載で(;^_^A

こういうドラマって日常では設定があり得なさ過ぎて、

突っ込みながら楽しんで見れるところが個人的には大好きです。

きっと同じように感じられる方も多いはず^^

今週も楽しみに見ますよ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。