【ゲンキの時間】海苔の健康パワー!インフルエンザやダイエットにも効果?

Pocket

2018年12月2日放送のゲンキの時間では海苔の健康パワーについて特集されました。

海苔は我が家では、おにぎりやラーメンに添えたりとあまりメインでは使ったことがない食材なんですが、実は海苔には驚くほどの栄養価が含まれており、健康パワーを持つ食材なんだそうです。

一体どんな健康パワーがあるのかご紹介します。

スポンサーリンク

海苔の健康パワー

1、豊富な栄養素

海苔は「海の緑黄色野菜」という異名で呼ばれるほど、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

海苔はビタミンAをはじめ、ビタミンB群やビタミンC、カルシウムやマグネシウム、鉄やたんぱく質も豊富でまるでマルチサプリメントのような食材なんです。

その中でもビタミンB1は豚レバーの2倍以上、鉄分はほうれん草の約6倍も含まれているそう!驚きですよね!!

2、減塩

うま味成分が豊富に含まれた海苔を料理に上手に取り入れることにより、塩分が控えめでも満足度をUPさせることができます。

3、高血糖予防

海苔の中に含まれる食物繊維が血糖値の急上昇を抑えてくれるので、ご飯などの炭水化物と一緒に取ると糖尿病や動脈硬化を予防するという働きがあります。

4、便秘解消効果

食物繊維がとても豊富なので、海苔を食べることで便秘解消効果も期待できます。

5、肝機能UP

海苔は食材としてもお酒にとても合いますが、一緒に食べることにより肝臓を保護してくれるんです。

海苔の中に入っているタウリンという成分が、肝臓の代謝を助けてくれます。

忘年会や新年会などお酒を口にするときには、海苔をお供にしたいですね。

インフルエンザに効果のある海藻とは?

それは、メカブです。

食品医学研究所所長の医学博士、平柳要先生によると、

メカブのネバネバ成分であるメカブフコイダンに抗ウイルス作用がありインフルエンザ予防になるそうです。

メカブをどのくらい食べるとインフルエンザ予防になる?

市販のメカブを1日に1パックの量でインフルエンザ予防の効果が期待できるとの事です。

スポンサーリンク

ダイエットに効果的な海藻は?

それは、昆布です。

食品医学研究所所長の医学博士、平柳要先生によると、

昆布の色素成分のフコキサンチンに脂肪燃焼を促す効果があるそうです。

フコキサンチンは水溶性の成分なので、お味噌汁を昆布出汁で作るなどでも効果があります。

骨粗しょう症予防になる海藻とは?

それは、ヒジキです。

食品医学研究所所長の医学博士、平柳要先生によると、

ヒジキは海藻の中でも特にカルシウムが豊富だとの事です。

ヒジキといえば、大豆や人参等と煮込んで食べるのが定番ですが…

実はその食べ方だと健康効果がもったいないことに?!

大豆に含まれるフィチン酸がカルシウムなどのミネラルの吸収を阻害してしまうそうなんです。

ヒジキはカルシウムの吸収を促進するビタミンDが含まれる「魚介類」と一緒に取るのがおすすめとの事。

これ、私も…全然知らなかったです(;’∀’)

まとめ

海苔や海藻ってすごいパワーを持っているんですね!

今まで添え物程度にしか思っていなかったのが恥ずかしいです…汗

うちの子は特に味海苔が好きでよく食べるのですが、いろいろな料理にも使ってみたいと思いました。

肝臓の機能も保護してくれるとのことですので、

お酒の飲みすぎが気になる方にもおすすめですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする