【教えてもらう前と後】5秒吐いて5秒吸う呼吸法でぽっこりお腹が-10㎝!

Pocket

2018年12月4日放送の教えてもらう前と後で5秒吐いて5秒吸う呼吸法について紹介されました。

5秒吐いて5秒吸う呼吸法を教えてくれたのはストレッチトレーナーの兼子ただし先生。
これから、年末年始にかけて忘年会やお正月等飲食の量がどうしても増えがちな
時期ですよね。

そうなってくると気になるのが、体重増加に伴う「ぽっこりお腹」。

たったの1分?!道具も場所も必要とせず、すぐにできちゃう5秒吐いて5秒吸う呼吸法とは?
具体的なやり方や、その挑戦結果をご紹介します!

5秒吐いて5秒吸う呼吸法のやり方

1、5秒かけて口から息を吐く。※まず吸うのではなく、吐くことから始めます。
2、5秒かけて鼻から息を吸う。
たったこれだけ!
※食事や生活習慣などは変えなくてOK。

6回を1セットとして、1日に朝・昼・晩の合計3セット行います。

兼子ただし先生が5秒吐いて5秒吸う呼吸法のやり方を伝授

5秒吐いて5秒吸う呼吸法について教えてくれたのは、ストレッチトレーナーの兼子ただし先生です。

5秒吐いて5秒吸う呼吸法の効果と理由

5秒吐いて5秒吸う呼吸法をすることによってぽっこりお腹を撃退するという効果が期待できます。

その理由は5秒吐いて5秒吸う呼吸法をすることによって呼吸が深くなり、
横隔膜を鍛えることにより姿勢が良くなり、ぽっこりお腹を改善することができるからです。

40代~50代の男女が5秒吐いて5秒吸う呼吸法に挑戦

兼子ただし先生の5秒吐いて5秒吸う呼吸法に挑戦したのは、お腹周りが気になる40代~50代の男女5名です。

5秒吐いて5秒吸う呼吸法の挑戦者たちの結果は?

5秒吐いて5秒吸う呼吸法に挑戦した40代の男性は、挑戦前のウエストのサイズが90.5cmでしたが、2週間後には85cmと、-5.5cmのサイズダウンに成功!

また50代の女性も、挑戦前のウエストのサイズは91cmでしたが、2週間後にはなんと81cm!わずか2週間でー10cmを達成しました。

また他の3人もウエストのサイズダウンに成功するという結果に!

まとめ

正しい深呼吸をするだけなので、お金も時間もかからないし、場所も選ばない最強の方法ですよね。

さらに姿勢の改善にもつながり、腰痛や肩こり、頭痛の改善にも期待できるとのことですから、これはぜひやるっきゃないですよね☆

私も最近パソコンや携帯の使い過ぎで腰痛や肩こりがひどいので、

姿勢の改善のためにもこの「5秒吐いて5秒吸う呼吸法」試してみます。

☆こちらもおすすめ^^

2018年12月1日放送の世界一受けたい授業で5秒筋トレについて紹介されました。 5秒筋トレを教えてくれたのはフィットネストレーナーで国士...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする