煽り運転対策にステッカーは効果ある?!正しい対処法とは?

Pocket

本日2018年12月14日、昨年の6月に東名高速で起きた煽り運転による死傷事故に関する裁判員裁判で懲役18年の判決が下されたことが報道されましたね。

この事故だけではなく、最近は「煽り運転」という言葉をよく耳にするようになりました。

私も車を運転するようになって20数年経つのですが、なぜか昔から後続の車に煽られる事が多いのです…(-_-;)

特に法定速度以下でトロトロと走っているわけではなく、友達からも「どちらかというと男性っぽい運転の仕方だよね。」なんて言われることも多いのですが。。

今までどの車に乗っていても必ず煽られるという経験をしています。

現在は幼い子供もおり、かつ妊娠中の身ですので、こういう事故のニュースを見ると人ごとのようには思えません。

そこで、今日は煽り運転対策について考えてみたいと思います。

煽り対策~ステッカーは効果ある?

最近は煽り運転対策として色々なグッズが販売されていますよね。

その一つが「ドライブレコーダー録画中です」というステッカーです。

今はマグネットタイプや吸盤タイプ等様々な種類が販売されていますよね。

我が家の主人は、私が運転していて煽られる現場に実際に遭遇しているので、このステッカーの購入を考えているようです。

主人はトラック運転手なのですが、主人曰く、実際にこのステッカーを張った車を見た時に「思わずブレーキを踏んであまり近づかないようにした。だからあれは効果あるよ~。」との事です。

普段から煽り運転をする人の中には、無意識で煽って早く行かせようとか自分のイライラをぶつけてくる場合もあるので、確かにこれを見るだけでハッと我に返る人もいるかもしれないですよね。

また、実際にドライブレコーダーを買うよりもお値段もお安く済みますのでやってみる価値はあるかと思います。

ダミーのドラレコも販売されていますので、こちらも効果ありかと^^

煽り運転されたときの正しい対処法とは?

では、対策を取っているにもかかわらず悪質な煽り運転にあった時はどうすればよいのでしょうか?

複数車線がある時は、左側を走行し様子を見る

車線が片側に複数ある場合は一番左側に車線変更して様子を見ましょう。

相手はイライラしている場合が多いので、決して急ブレーキをかけたりフラフラ運転したりして相手の感情を逆なでするような事はやめましょう。

コンビニやスーパー、SAに入り駐車する

何かあった時に助けを呼んでもらえるよう、人のいる場所に駐車して相手の様子を見ます。

※この時点ではまだ車外に出ないでください。

恐怖で動揺することもあるかもしれませんが、できるだけ感情的にならず落ちついて冷静に対処しましょう。

警察に通報する

上記のような行動をとっても相手が収まらず、降りて文句を言ってくるような悪質な場合には、ドアをロックし窓も絶対に開けないでください。

携帯電話を手に取り、警察に電話しますと中から伝え実際に警察に電話してください。

スポンサーリンク

まとめ

今は煽り運転対策のグッズやステッカーが販売されていますので、そういうものを利用し危険を遠ざけるようにしましょう。

そして、普段から悪質な煽り運転を受けた場合の対処法についてシミュレーションしておくことが大切です。

私の場合はまだそこまで悪質な煽り運転をされたことはありませんが、

これから路面が冬道になる事や現在妊娠中である事も考えてさっそくステッカー購入したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。