【名医のTHE太鼓判】乾燥キクラゲで骨粗しょう症予防?!大島蓉子さんが実践!

Pocket

2018年12月17日放送の名医のTHE太鼓判では、骨粗しょう症を予防して強い骨を作るために効果のある食材としてキクラゲが紹介されました。

腰痛改善に関する記事はこちら→

2018年12月17日放送の名医のTHE太鼓判では、腰痛・膝痛・股関節痛などの痛みを劇的に改善する方法について紹介されました。 ...

今回骨粗しょう症を予防するキクラゲについて詳しく教えてくれるのは、

消化器のスペシャリスト、大竹真一郎先生です。

キクラゲの効果とは?

キクラゲの産地では、

昔から長寿の妙薬と言われ、僧侶や寺の住職が良く食べていたんだそうです。

強い骨を作るために重要なのが、骨に必要なカルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDだそう。

そのビタミンDですが、キクラゲの中にはとても豊富に含まれており、食品の中でもトップクラスの含有量だそうです。

なので、積極的にキクラゲを摂ることで骨を健康に強くすることができるんですね^^

しかもキクラゲは低カロリーであり、食品の中でも食物繊維の量が2位!と、美容と健康にピッタリの食材と言えるそうです☆

これは、見逃せないですね!!

キクラゲの効果的な食べ方は?

ビタミンDは油に溶けるビタミンなので、油と一緒に摂ったほうが腸の中での吸収効率が良くなるんだそうです。

産地では、キクラゲをたっぷりコロッケに入れて食べていましたが、これは効果絶大な食べ方と言えるんですね^^

大竹真一郎先生によると、

キクラゲは1日6g食べることがおすすめとの事ですが、乾燥キクラゲだと6枚分くらいとの事です。

キクラゲ茶漬けの作り方

①キクラゲのみじん切りをフライパンで炒ります。

②2分炒った乾燥キクラゲを急須に入れます。

③急須の中に塩をひとつまみ入れます。

④③にお湯を注いでキクラゲ茶を作ります。

⑤お湯で戻した桜えびに醤油を入れて数分フライパンで炒めます。

⑥器に盛ったご飯の上に⑤の桜えびやお好みで天かすや万能ねぎなどを加えます。

⑦ここに先ほど作ったキクラゲ茶を加えれば完成☆

女優の大島蓉子さんが2週間キクラゲ生活に挑戦!

今回、2週間の乾燥キクラゲ生活に挑戦したのは女優の大島蓉子さんです。

大島蓉子さんは現在63歳ですが、膝の痛みのためにスムーズに階段を下りることができないそうです…。

そこで、乾燥キクラゲを1日6枚程度食事に加える2週間キクラゲ生活を試してみることに^^

大島蓉子さんの2週間キクラゲ生活の結果は?

大島さんは、カレーやチキンライス、リゾットなど普段の生活のさまざまな料理にキクラゲをプラスしながら2週間過ごしました。

その結果は?…

キクラゲ生活前は、完全に「欠乏」しており、17.0という数値だった大島さんのビタミンDですが、

2週間のキクラゲ生活後は20.8とビタミンDのUPが見られました。

大竹真一郎先生によると、

ビタミンDは簡単には増やすことができないビタミンという事ですので、

たった2週間でこの効果は実は凄い結果なんだそうです。

まとめ

ビタミンDが不足すると、いつのまにか骨粗しょう症になってしまう危険が…

そんな骨粗しょう症を予防するのに効果があるのが乾燥キクラゲだということがわかりました。

しかも、1日6枚ほどをいつものお料理に加えるだけとの事ですので、

量的にも挑戦しやすいですよね!!

ぜひ意識して乾燥キクラゲ食べるようにしたいですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。