僧衣の読み方は?袈裟とどう違う?福井以外でも交通違反になるの?!

Pocket

今年の9月に僧衣で車を運転していた福井県の僧侶が交通違反の反則切符を切られていたという事が話題になっていますよね?

僧衣って…何(@_@)?っていうか読み方は?

ってとても気になったので、今日はこのニュースについて私なりに調べてみようと思います。

スポンサーリンク

僧衣って何?!読み方は?

そもそも「僧衣」ってどんなものなのでしょう?

僧がまとう衣服。法衣。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp

つまり

僧侶が来ている衣服を指すようですね。

【既製品】黒正法羽二重改良服

画像引用元:株式会社鈴木法衣店

こういう着物の事ですね。

ちなみに、読み方は「僧衣」=そうい・そうえと読みます。

袈裟とどう違うの?

袈裟とは…

衣の上に左肩から右脇下にかけてまとう長方形の布となり、華美で装飾的なものとなった。

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp

「僧衣」の上に着用し、肩から掛けて着るものが「袈裟」というんですね。

私は、お坊さんの着物そのものが「袈裟」だとばかり思っていました(;’∀’)

…恥ずかしや~

スポンサーリンク

福井以外で違反になる県はどこ?

今回の報道では、福井県の男性僧侶が僧衣で運転したことが交通違反であるとされたとなっていましたが、他にも僧衣で運転することが違反となる県はあるのでしょうか?

このように他にもこのような規定がある県や地方もあるようですね…。

ただ、こちらの浄土宗の方もツイートされているように、お坊さんにとって僧衣は「日常的に」着るものですから、これで運転不可となると檀家さん訪問等にも影響が出てしまいますよね…

車に乗るたびにいちいち着替えていては、時間もかかってしまいますし。

それに、福井県交通指導課によれば、「僧衣がすべて違反なのではなく、運転操作に支障を及ぼすかどうかの状況による」…

とのことですから、

基準がはっきりせず、現場の警察官の判断によってはつかまることもつかまらないこともある…ってことですよね(-_-;)

これじゃ、お坊さんもどうすればいいかわからず、反発するのもうなずけると私は思いました…。。

まとめ

今日は僧衣で運転した福井県の僧侶が交通違反になったという話題について取り上げてみました。

いずれにしても、基準があいまいなのはどうかと思いますね~(-_-;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。